コラボやりたい。 

ずっとコラボやりたいと思っていたものの、きっかけが無かったので、何もしてなかったけど…某所でそういう話が出たので、ふつふつと興味が湧いてきた。でも、実際に何をしたらいいのかわからん。
企画を考えるといったものの…これって実は責任重大じゃないか? 

でもやりたい。
ひとりで黙々と、絵も描いてると煮詰まってくるので、新しい風が欲しい。
せっかくなので同じ絵が好きなもん同士、もっと馴れ合いたい。

自分的には、割となんでもいい。なんでもやる。
でも、どんな企画だったらみんな参加してくれるだろうか。
それを考えると、脱腸しそうになる。みんなはどういうのが好みなんだ?

という事で、参加意思のあるかたは、どれか選んでください。
かまいたちの夜風味。
A:同じお題で、それぞれが作品をお披露目。
B:ひとつの作品を、リレー式に仕上げていく。
C:○○図鑑や××カードを役割分担して完成させる。
D:誰かのオリジナルキャラをいじって楽しむ。
E:やっぱりゲーム製作。
F:その他。


だいたい、こんなもんか。
俺的に、全部可能。むしろ、全部まとめてやりたい。
スポンサーサイト

[2006/07/29 06:15] 未分類 | TB(0) | CM(25)

かまいたちの夜×3…発売したその日に… 

一気にクリアしてしまった。面白かった。
でもボリューム的に物足りない。
まさか1日でクリアできるとは思わなかった。がっくり。
[2006/07/28 03:40] 未分類 | TB(0) | CM(0)

かまいたちの夜×3 

いよいよ、今日が発売日なので、もう買ったらがっつり遊んじゃうよ。
セブンイレブンで予約したので、朝になったら受け取りにいくつもり。

推理モノのゲームが好きなんだけど、そんなに多くないし、かまいたちをじっくり堪能したい。なので、はやく犯人解ってしまったらどうしよう…とか、妙な心配をしてしまう始末です。どうせ、ミステリーするなら、訳がわからなくなってパニックになりたい。ふふふ。


[2006/07/27 01:23] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ムーン・ハート 

burogu84.jpg

昼と夜は、出会うことはない。ふたつの心が、ぐるぐる回る。
狭間の世界で生きるしかないと、覚悟はしていたはずなのに。
[2006/07/26 01:57] 未分類 | TB(0) | CM(0)

転生の儀式 

burogu83.jpg

何度でも生まれ変わる。
今までの自分を殺して。
新しい自分に出会う。
世界が割れて、これまでと違う姿を見せる。

[2006/07/24 20:38] 未分類 | TB(0) | CM(0)

マイモンスター 

burogu82.jpg

誰だって 魔物を飼っている
でもそれは悲劇じゃない
愛しい相棒
どうか受け入れてあげて
[2006/07/23 04:41] 未分類 | TB(0) | CM(0)

チャックの隙間 

burogu80.jpg

悲しみに暮れる余裕も無い
罪が問われるのは
人の心を思い出したとき
近い未来で
自分で自分を裁く日が来る
[2006/07/22 05:12] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ブレイブストーリーを見たよ。 

まじで面白かった。フジテレビも頑張ったね。
平凡な子供が、冒険を通して立派に成長しちゃうところがツボ。

これは重要だね。やっぱ主人公は最初は平凡じゃなきゃ。それで、いろいろ困難を乗り越えるたびに、自分なりの答えを見つけちゃって、凄いことをやっちゃう訳ですよ。王道ファンタジーって、やっぱりいいな。
[2006/07/21 03:12] 未分類 | TB(0) | CM(2)

異型のナイフ 

burogu76.jpg


[2006/07/11 22:34] 未分類 | TB(0) | CM(0)

いつになったら、梅雨が明けるんじゃ! 

burogu75.jpg

雨が降ってなくても、湿っぽい空気にうんざり。
いつまで梅雨が続くんだ。
はやく夏になって欲しい。
本気で。
もう7月だろ。
一体、どういうつもりなのか。
お空の神様に聞いてみたいよ。

夏が嫌いな人も多いけど、僕は好き。
お日様がでしゃばってるのが、好感。
生きてるって感じがする。
はやく夏になれ。


[2006/07/11 06:44] 未分類 | TB(0) | CM(2)

もうすぐ「ペルソナ3」が出るのか。 

ペルソナは悪魔合体ができないからな。ちょっと物足りないところだけど、あの独特の世界観は好き。といいつつ、得意の値崩れ待ちを決め込んでます。
そして何故か、随分昔に発売されたペルソナ2×罰を遊んでます。悶々と、悪魔合体したいよーと思いながら。こっちはこっちでカードを集めて、悪魔を降臨させることが出来るんだけどね。

あとアルトさんから、声優バトンを受け取ったんだけど、声優のことは無知なので、今回は見送っちゃいます。ごめんこ。
[2006/07/09 02:09] 未分類 | TB(0) | CM(0)

アイスクリームの精霊 

burogu73.jpg

ぬ。
[2006/07/08 22:08] 未分類 | TB(0) | CM(0)

アンニュイ 

burogu72.jpg

刺激が少ないと、気持ちが枯れる…毎日が、退屈でたまらん。なんとかしなきゃ。でも何をしたらいいんかわからないよ。思いきって環境を変えてみようか。
学生の頃は、毎日楽しいのが当たり前だったのに、社会に出ると面白い事が減った。予定調和過ぎて、窮屈。こうやって老けてってしまうのか…それはいやだよー。
[2006/07/07 06:24] 未分類 | TB(0) | CM(0)

久しぶりのバトン★ 

某所で、大人年齢診断とやらが紹介されていたのでやってみた。
29歳だった。むぎゅー、それだけスレてるってことだね(沈)
http://asahi.co.jp/php/hajime/adcheck.php

それはそうと、ナツーキーからバトンです。

『指定型★バトン』
◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事。

…ってその星はなんだい? っと、ここは突っ込むところらしいです。
さて、指定キーワードは「ゲーム」だって。

□最近思う【ゲーム】

(其の壱)新ハードの行く末が気になる。
プレステ3は6万円で高すぎ! 
いつからゲームはセレブ層のモノに?
僕は買えないよ。みんなも買えないと思う。
そして任天堂から出る新ハードは、コントローラーが異色過ぎ!(テレビのリモコンに変な紐がついてるみたいな感じ)
王道のゲームでは、もはやソニーに勝てないと踏んだのか、任天堂はイロモノポジションにまっしぐら。と、新ハードの予想のつかない展開に、パニックです。今まで、スルーしてきたX-BOXが妥当な気がしてならない。

(其の弐)オンラインゲームの行く末が気になる。
オンラインゲームの敷居が低くなって、手軽に遊べるようになったのは吉。
いろいろ可能性がありそうで、ワクワク。

(其の参)かまいたちの夜×3が気になる。
そんな僕も、チュンソフ党員。今月の27日に発売なので、さっそく予約済み。
複数主人公のミステリーってどうなの? 犯人も複数いるかもしれないってどうなの? これはミステリーとして、邪道なのか新境地の開拓なのか…期待と不安でドッキドキ。はやく遊びたい。

□この【ゲーム】には感動!
たくさんあるけど、あえてマイナーどころをチョイスするなら…仙窟大作戦・カオスシード。大地のエネルギーを活性化させる為に、ダンジョンを掘っていくゲームなんだけど、効率のいいダンジョンの作り方にコツがあったり、罠を仕掛けて侵入者を追い返したり、いい感じに忙しいし、達成感がある。ストーリーが、突飛で哲学的。世界観が中華。因果応報という言葉の意味を、じっくり考えさせられる演出に震えた。

□直感的【ゲーム】
ダンスダンスレボリューション。

□好きな【ゲーム】
女神転生シリーズ。というか金子一馬さんの世界観が好き。
あとチュンソフ党。

□こんな【ゲーム】は嫌だ
ザスーラ。

□次に回す人5人
バトンを回そうにも誰が見てくれてるのか、わかんないんだよね★
やってもいいよっていう方は、指定テーマ「晩御飯」でどーぞ。
[2006/07/06 04:36] 未分類 | TB(0) | CM(0)

パソコンお絵描きの練習 

burogu71.gif


パソコンで絵を描くのにずっと苦手意識があったので、進んでは描いてない。でもたまには、描かないと。いろんな表現の幅を広げたいからね。せっかくだからパソコンならではの絵が描けるようになりたいね。
[2006/07/06 03:23] 未分類 | TB(0) | CM(0)

黄昏の園 

burogu70.jpg


喉が潰れたら 歌えなくなるよ

[2006/07/05 03:25] 未分類 | TB(0) | CM(0)

逆転裁判3をクリア 

burogu68.jpg


面白かったんだけどね、突飛な展開に面食らってしまったよ。
シリーズの最初から遊んでたけど、最初は割とコミカルな推理モノだったわけで、そこが好きだったんだけどね。
どんどん、オカルト路線にまっしぐら。びっくり。

途中で、人の嘘を見破る道具(勾玉)が登場した辺りはまだ、許容範囲だったんだけどね。ゲームだし。本格推理って訳でもないし。アリかな…と。
まあ、薬で小学生になっちゃった男が探偵やったり、探偵の学園があったりする時代だからね。そういうものだと思えばいいと思ってた訳です。

でもラストの事件はなんだ! ほとんどオカルトです。
幽霊が出ちゃった!
比喩とかトリックじゃなくて、そのまんま幽霊だよ。
死んだ人間が…霊媒師の力で、蘇っちゃったんだ。
ソイツが事件の関係者だから、もうビックリ。
幽霊が証言台に立って、証言させちゃった。
ソイツを尋問しろというのか? いや、したけどね。

だったら最初から、今までの事件のゼ―ンブ霊媒師の力借りようよ!…そしたらスピード解決だったのに。弁護士も検事もいらない。

常識が見事に、逆転された裁判でした。めでたしめでたし。…っと突飛な展開に対する不満はあるものの、ゲームとしてもシナリオとしても面白いし、良作だったと思います。オカルト要素も含まれる推理モノとして、割り切れる方は是非、遊んでみるといいよ。
[2006/07/03 07:07] 未分類 | TB(0) | CM(0)




カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)