3分ゲーコンテストで頂いた感想コメント 

■第20回3分ゲーコンテストで参加した「コロコロボックル」で、頂いた感想コメです。原文ママ、コピペです。
--------------------------------------------------------------------------------

はじめての操作感覚に関わらず、案外思った通りに動いてくれるから快適。ちょっと怖い世界観が難易度と良くマッチしていると思います。


シンプルで楽しい


「花とキノコの物語」に似ているが、さらに物理っぷりが上がっている。自機を動かしているだけで変な動きで面白い。パズルというには感覚的で、アクションというにはのんびりしているのが、新しくて楽しい。ステージ数も少なくてちょうどいい。


世界観がすごい


いい感じだわ


マウスホイールで操作というのは珍しいし、回転という操作に合っていて良いです。グラフィックも独特です。


なんというか気合いの入れようがすごいゲーム部分は小粒ながら綺麗にまとまっていてよかったです。ステージごとに独自のギミックを付けても工数が増えないのがHSPの良いところですよね


全ステージクリア。操作を丁寧にプレイヤーに教えるステージデザイン・UIが巧妙!毒ガスステージまではいい感じの難易度上昇なのですが、終盤のステージはちょっと拍子抜け。最終ステージは、ここが終点~?みたいな。タイムアタック、アイテム収集→開放などのやりこみ要素があると、もっとゲーマー向けになるかも。魔石とかわざと回収してからクリアしてました。グラフィックは私は生理的にちょっと受け付けないのですが、個性ですね。アートとはそういうもんですね。印象点。個人的には四位。


OBAQ!OBAQ!


マウスホイールがメインの操作なのが斬新でした。ステージギミックが少し考えるけど難し過ぎず良かったです。不気味だがかわいい素敵なイラストに引きこまれました。


ラストまでクリア。ひと目でどなたの作品か分かりました。3分ゲーでまたこの作風を見る事ができて嬉しかったです。マウスでコロコロ転がすだけでも楽しかったですし、石を使ったパズル要素も良いギミックでした。


マウスホイールを存分に使うゲームが初めてだったので戸惑いましたが、単純な操作だったので楽しめました。任天堂の「マリオとワリオ」や「マリオVSドンキーコング」を楽しめた方にはお勧めできる作品です。難易度も適度でステージ数もあっさりと、ゆったり楽しめました。草(?)の色が明るいのが残念です。背景や画像については好みがあるのでノーコメントで。


世界観が好きです。


ゴボリさんのゲームでも同じこと描きましたが初期のPSゲーを思い出すグラフィックですね何とも奇妙奇天烈なキャラと独特な雰囲気が印象的です頭を使いましたが慣れると結構サクサククリア出来ますねタイトルも中々凝っててこういう所の作り込みも素晴らしいと思いました


独特な世界観、風変わりだけど直感的ですぐに馴染める動かして気持ちいい操作性、アクションもパズルもほどほどに悩めるステージデザインと楽しい作品でした。7面までの難易度上昇具合も絶妙だと思います。それに比べるとその後のラスト2面がけっこう簡単で少し拍子抜けしましたが……。


丁寧な作品ながら、持ち前のセンスも発揮し、完成度は高い。ただエンディングがあっさりしすぎていてきらら的には残念。ゲーム画面や設定がドロドロしていたわりにはと言った所。ただまあこれはとくに欠点ではないと思うので好みの範疇。


マウスホイールで行う操作方法が新鮮でした。また、ステージギミックが凝っており、リトライがしやすく難易度の高めのステージでも何度も挑戦しやすいと感じました。BGM、絵柄についても雰囲気によく合っていて僕の好みです。


世の中にはホイールがないマウスも、ホイールはあるけど機敏には動かせないマウスもあって、私のは後者でした。制限時間があるステージでギブアップ。


いろんな意味で世界観に圧倒されました。演算の関係かたまに挙動が怪しい点を除けば、ごく正統派のパズルとして楽しませていただきました。


マウスホイールを使ったプレイヤー操作が、指で転がしてる感覚に近くて面白かった。 新感覚。キャラクター動作のバランスがよく、ギミックも判りやすくて、さくっとプレイできる。雰囲気も独特で良い。


見た瞬間に、「あっ…キノコの人だーー!」となりました。これはすごいことだと思います!コロコロするの、たのしかった。


怪しくもゆるい、面白そうなスクリーンショットに惹かれましたが、マウスホイールがない環境なのでプレイできませんでした。代替操作が用意されていたら嬉しいです。


マウスホイールでの移動は初めてで、最後まで操作間違えちゃいました。ぽよんぽよん跳ねたりしながら移動するコロボックルにだんだん愛着わきました。背景やキャラなど少し気持ち悪い雰囲気なのですが、プレイするとスクショほど気になりません。仕掛けもシンプルなのによく出来ていてやり直しも簡単でサクサク遊べました。毒が侵食してくるステージだけ手こずりましたがクリアした時の達成感がありました。しかし1部、プレイ中にBGMが終わってしまった箇所がありました。アミノ様万歳!


全ステージ制覇まで頑張りました。3分では終わらなかったけれど、でも3分ゲーだと思います。コロコロさせる楽しさとままならなさ、ブロックを抜き取りするタイミングの妙、いずれも物理演算の恩恵を最大限に活かしていると感じました。また、難易度とプレイヤー学習度の上昇曲線がピッタリ一致している点でも巧みさを覚えました。絵の不気味さも好みです。


独特すぎる世界観と操作性が新鮮でした。仕掛けを使ってステージをクリアしていく所が良いです。ステージ途中でシナリオが進むともっと引き込まれる気がします。


ステージ選択画面だけでセンスに圧倒される。カジュアル的でありながら奇抜。いつもタイトルだけはわりと普通、超罠。四次元に引きずり込むつもりでこれからもやっちゃって下さい。


ホイールを使った直感的な操作が良かったです。リスタートがすぐ出来てテンポ良いし、ステージも丁度良いボリュームでした。


コリコリするとコロコロしてよかったです。顔が骸骨になるとこもCute,


ギミックがそのステージ限定の物が多くて少しもったいなく感じた。


マウスホイールを使ったアクションは初めてでした。限られたステージ数の中で多数のアイデアが光っていて退屈しなかったです。独特の操作感は楽しかったですが、一方でホイールがないマウスではプレー出来ないという問題もあると思います。全てをプレーしないと投票できないというルールもありますので。とはいえ具体的な救済策は思いつきません。デザインはキモカワ系ですが、このゲームにまで美少女を求めるのはさすがに節操がなさ過ぎなので諦めます。


オープニングが面白かったステージの背景の絵がいい通った後に光るところがいい


多分自分が同じシステムのゲームを作ったとしても、平凡な作品にしかならない気がします。作者さんの昔からブレない独自のセンスが羨ましい。ちょっとねたましい。


雰囲気も良く、ホイールで横に移動するという操作性も斬新で面白い。あっさりと終わってしまいもっと色々なステージで遊びたかった。

スポンサーサイト

[2016/06/20 20:23] 未分類 | TB(0) | CM(0)




カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)