ドリームハウスで遊んだ。 

間取作成ソフト、素敵です。

本来は、家の購入を考えてる方や、建築や不動産関係のプレゼンに使うのが主目的のソフトらしい。
・・・のですが、中には3Dデータとして書き出せるものもあり、それをそのままゲームやグラフィック素材として使えちゃうんじゃないかと思い、色々探ってるところ。

まあ、色々試してみたのですが、ほとんどの間取作成ソフトが、3Dデータに変換できるわけではなくて、それができそうだと確認が取れたのは「Sweet Home 3D」と「ドリームハウス」の2つだけでした。探せばもっとあるかも。

「Sweet Home 3D」はフリーソフトっぽいので、すぐに使えるのでオススメです。
ただ部屋の広さに制限があったり、素材の数もそれなりなので、多少の妥協点があったりします。

「ドリームハウス」は3階建ての家まで作れるっぽい。素材も多いので、できることも多いです。
しかし、有料のソフトなのでした。
しかも3Dデータを取り出そうと思うと「Shade」という別ソフトも必要になってくるので、軽い気持ちでオススメはできないかなーって感じです。すでに「Shade」を持ってる人には、オススメかも。

自分は「Shade」を持っていたので「ドリームハウス」を購入しちゃいました。

ie_image.png
ie_image3.png
ie_image2.png

「ドリームハウス」でお家を作ってみて、データを「Shade」に移行したものをレンダリングして遊んでみました。
これで、お家関連の素材は使い放題です。
スポンサーサイト

[2014/07/27 01:28] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/1165-4b907dc9






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)