黒い家を読んだ。 

貴志祐介さんの小説で、クリムゾンの迷宮とイソラを読んだので、黒い家にも手を出してみた。黒い家は、映画化されたのでこの話が一番メジャーかもしれない。読んでみて、残酷なシーンが多くて、ブルブル震えながらも、頑張って読みました。怖かったです。
でも幽霊とか出てくる話かと思ってたけど、そういう話では無かったです。保険会社の人が主人公で、保険金詐欺をする人達と戦うお話でした。誇張はしてあるだろうけど、現実に孕んでいる問題を書いてるので、リアルな怖さがありました。お金欲しさに、そこまでやるのかという、人間の凶行を描いてます。
保険金掛けて、親指を切り落としたら500万円貰えるそうです。両腕切り落としたら死亡保障と同額の5000万円貰えるらしいです。皆さんも、お金に困ったら試してみたらどうかな? 僕は無理です。
スポンサーサイト

[2007/06/24 02:24] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/258-0f6607f4






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)