お休み 

今日は体調を崩して、お仕事お休みいただきました。
体調崩した原因は…遊びすぎです。毎日が滞ってて、ぱーっと息抜きしようとここ1週間…ゲーム大会を開いたり、映画見に行ったり、古い友人に会いに行ったり、プールに行ったりしました。楽しいから、多少の無理なんてへっちゃら!…なんて思ってたらダメでした。疲れ過ぎて、呼吸が苦しい。ぜーぜー。
今日は、家でおとなしくしてます。

ハリーポッター観に行ったので、感想を書こうと思っていたんだ。
まず、児童向けのファンタジーってことになってるけれど、大人も楽しめる…むしろ大人がニヤニヤできる内容です。前回は、マスコミに対する風刺があったけれど、今回は規則で人を追い詰める官僚についても触れてました。あのピンクのおばさんは…大人の嫌な部分やねー。

あと気になる恋の行方ですが、中国少女のチョウとは、キスしただけで終わりでした。年頃なんだから、もうちょっと頑張れと思う。チョウのせいで、騎士団の訓練場が無くなっちゃた訳だけど、グループみんなでシカトはひどいなぁと思った。誤解が解けた後も、なにかしらフォローをするシーンがあると思ったんだけど…なにもないのがハリーポッターの凄いところです。映画だから時間の関係で、端折っただけなのかな? それとも作者の意図なのか…。
ハリーポッターのシリーズをとおして見てるけれど、仲間の間で揺るぎ無い絆がある訳ではなくて、気持ちが離れたり繋がったりを繰り返してる…それがこの話の面白いところで…常に危ういから続きが気になってくる。なるほど作者の術中にハマッってる訳ですね。そういえば最初の頃は、ハーマイオニーがヒロインだから、この子と恋仲になるものだと勝手に勘違いしてましたが、今考えると全然違うようです。王道でありながら、セオリー通りにいかないところが人気の秘密かもしれない。

あと敵か味方か、良い人か嫌な奴なのか…なんだかよくわからないスネイプ先生の動向も気になるところです。第1回では、ハリーの命を狙ってる気配を見せていて実は命を守ろうとしてたり、その後もヒントくれたり悪態ついたり…なにかあるとは思ってたけど、今回、彼の事が少しわかった気がします。いやー学生時代、ハリーの父親に苛められてたわけですか。そのいじめっ子本人とその子供が英雄扱いされてちゃ、複雑な心境になるのも仕方が無いですね。スネイプの心の中にうっかり入り込むのですが、思い出の中でのハリーの父親の邪悪な顔が…これが今回の映画の見所かもしれない。
シリウスが言っていた「人には良い心と悪い心がある」という言葉…胸に刺さります。
スポンサーサイト

[2007/08/02 22:17] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/285-ee4d7055






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)