スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こっ恥ずかしいぐらいの恋愛物語 

ツクール用に作っていたゲームは練り直して、作りなおしをしています。
正確には、長編は難しいので、短編をいくつか作る形に変更しました。

やっぱり背伸びして大作を作ろうとして、いつまでも完成しない罠に掛かってしまうより、短編をたくさん作って、少しずつ腕を磨いてったほうがいいだろう。脳内にあるうちはどんなものでも大作という、そんな小話が頭をよぎりました(汗)作品は、完成させなきゃ意味がない!

…という訳で、今作ってるゲームは「恋愛もの」です。
恋愛モノなんてそんな恥ずかしいもの…と思ってたけれど、いざとりかかってみると、すごぶる楽しいです。
そうそう、作品なんてモノは、スマートに作るよりも、多少こっ恥ずかしいもののほうが、価値があるんだ。そう信じています。

話はちょいと飛ぶけれど、アルトネリコというゲームがあった。
このゲーム売りは、冒険の片手間に、ヒロインの精神世界にダイブする事ができる。ヒロインの心に根付いた悩みを取り除く度に、新しい魔法を覚えて戦力になるというシステム。そして心の世界は奥に行くほど、危険な領域になっており、根付いてる悩みも深い…とかなんとか。
その変なシステムに惹かれ、遊んでみたけれど…実際に触れてみると、自分が予想してた展開に反して健全な内容だったので、がっくりしたのを覚えています。決して悪くはないのだけれど、自分が期待してたのは、もうちょっと電波というか形而上な方向というか…。

…という訳で、そういうゲームを自分で作ってみることにした訳です。
今作ってるゲームは、ヒロインの心の世界に介入して、彼女の内面で起こっている危機から救い出すというゲームです。それを次回の3分ゲームにエントリーしたいなぁと思ってるので、その時は是非、遊んでやってください。
yoji3.jpg

yoji2.jpg

yoji1.jpg

↑やっぱり、ベタな台詞ばかり。こんな内容なので、知り合いよりも、赤の他人に見てもらいたい。
スポンサーサイト

[2007/11/02 05:22] 未分類 | TB(0) | CM(2)

賛成~!

うわー! なんて面白そうな話だ!

いや~オレは実は、takeさんの恋愛観が好きだったりします。
もっと恋愛の話をして欲しいなーと思う気持ちもあり、だけど恥ずかしいよなぁ、と思う気持ちもあり。
でも、ゲームだったら世界観は反映されるけど、ダイレクトに自分の話じゃない。
いいじゃないですか!
楽しみにしています♪
[2007/11/02 23:35] 砂目 [ 編集 ]

どうも!

自分の恋愛観ってなんだろう?…考えてみたら、ふつーにベタベタなロマンスとか好きです。深いことは考えてない。むしろ馬鹿になれるから良しとしてるところがあるのかもしれないです。

しかしこのゲームは、ロマンスを期待すると、吐きます(えー!)
ヒロインがちょっと曲者でして、いろんな姿に変形するのでそれが見所。

[2007/11/03 03:33] take [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/322-062f19a8






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。