言葉にするのと、実際にやってみることの壁は、とてつもなく分厚い 

面白いゲームっていうのは、どんなものかっていうイメージはあるんだけど、それを実際に作れるかどうかってのは、また別問題な訳であって…これは面白い!ってものを作りたいのに、それをこなすには足りないものが多すぎてイガイガして、結局自爆。
それでもやめられないのは、やっぱり創るのが楽しいからで、何かを作ってないと禁断症状が出るのは、幸か不幸か、もうわからない。

ゲームに行き詰まったら、絵でも描くか。
絵に行き詰まる頃には、ゲームの新しいネタの種が芽生えるかもしれない。

千里の道も一歩から。
この言葉が好き。
スポンサーサイト

[2008/05/05 02:54] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/408-0786d0af






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)