スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Wiiで、暴力ゲームが審査中なんだって…って大丈夫なの? 

今週のファミ通に、気になる記事が。

マッドワールド(日本版タイトル未定)というゲームの記事があった。
グラフィックが黒白赤の3色のみのスタイリッシュな画面に、過激なバトルシーン。
ストーリーは、殺人ショーに参加して、過激に殺すほどポイントが稼げるっていう悪趣味(?)な内容。
まあこれがX-BOXやPS3で出るなら驚かないんだけど、Wiiで発売する気でいるのでビビッタ。

任天堂が・・・これを許すと思うのか(笑)

表現の自由ってのは大事だし、こういった路線のゲームも好きなんだけど、棲み分けって大事だと思うのです。Wiiでは、広い間口のゲームを遊びたいし、過激なゲームはPS3とかX-BOXでやるのが妥当だと思ったのが、個人的な感想。

発売予定であって、決定ではないところが、波乱の予感です。
セガさんよ…任天堂に嫌われないよう頑張っておくれ。



スポンサーサイト

[2008/05/17 02:52] 未分類 | TB(0) | CM(2)

実は、任天堂はゲームの表現(暴力・エロなど)には寛容です。
むしろ、SCEのほうが厳しいくらいです。
PS2版のほうが表現が抑えられた『キラー7』なんかがわかりやすい例ですね。

日本での発売云々はCERO(ゲームのレーティング機関)との兼ね合いでしょう。
[2008/05/22 20:35] - [ 編集 ]

ほほう

おーそうなんだ。SCEのほうが厳しいんですね。
Wiiのイメージから考えると、作風が異色すぎるなぁーというイメージで記事を書きました。

どうせなら、異色ゲームは、各方面に気を遣わずに、どんどん突き抜けたものを作ってほしいですね。
審査に引っかかって、表現を抑えたゲームが結構あるみたいで、今回もそうならないよう、陰ながら祈るばかり。

もしこのゲームがWiiで発売されたら、購入を考えています。
[2008/05/23 02:34] take [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/413-7944737d






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。