スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲームコラボ。 

コラボって興味あるし、マンネリに入らないひとつの手法だと思うです。否応無く、新しいものが生まれちゃうわけで。考えるだけでワクワクしてしまう。しかし難しいそうだと感じるのは、どこまで相手に要求しても大丈夫なのだろうというか? 不安があります。

ひとりでやる場合は、自分の限界ってのを知ってるので、自分の身の丈に合った計画を立てて、完成に迎えるのだけれども、コラボ相手がいる場合、協力者の精神的体力とか都合とか、その他もろもろを考慮しなくてはいけない…と思うと、躊躇してしまう。逆の場合もあって、あまり敷居の高い要求をされちゃうと、期待に添えられないし…。思考が、ぐるぐる。

しかし、コラボ…やってみたいんだよなぁ。

理想を言ってしまうと、安請け合いしちゃっても大丈夫なシステムなりを、こっちで用意できるといいなって思う。絵が描ける人だったら、気ままに自由に絵を描いてもらって、文章書ける人ならもう勝手に書いてもらうのだ。
頑張ってもらうのはもちろんだけれど、作業が重荷にならないように、好きなときに放棄してもいいよっていう懐の深さを見せてつつやってもらう。そして、チグハグでも構わないので、その材料を、最後に自分が勝手に調理するのだ。何が完成するかは保証できないけれど、それも一興。

つくるゲームに合わせて素材を作ってもらうんじゃなくて、素材のほうにゲームが歩み寄ってく形を考えてます。無計画って思うかもしれないけれど…そういう計画のほうが、良いものが生まれる予感がするのです。

以前から素敵な絵を描くある人に、いまちょっとアプローチしているところ。
シナリオも、誰かに頼もうかな。
スポンサーサイト

[2008/06/15 13:43] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/424-294cf9f3






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。