追憶 

081024 コピー
一番古い記憶を辿ってみました。多分2~4才ぐらい・・・幼稚園に入る前の記憶がある。
僕は、山沿いの住居区のアパートに5人家族の末っ子として、生活してた。
両親と姉が二人。姉は学校に行ってて、父は仕事に出かけるので、昼間は母親とずっといっしょにいた。アパートには、滑り台とかブランコとか、定番の遊具がついてたので、それで毎日遊んでた。
絵も描いてた。夕方には、近くのスーパーに、母と一緒に食料の買出しに付き添っていた。
開けポンキッキとか、見てたっけ? あと断片的な記憶しかないので、箇条書き。
トンボを追いかけたり、洗剤でシャボン玉を作ってもらった。
カブトムシを誰かに貰ったけど、すぐに死んだか逃げたかして悲しかった。
よくおねしょして怒られた。
ブランコこぎ過ぎて手を滑らし、地面に叩き付けられて泣いた。
スキップの練習を階段でしてたら落下して、アゴをぶつけて怪我した。
よく走って転んだ。かさぶたは常に、気になっていた。
こんな感じか。ただ遊んで毎日を過ごしてた。この頃に戻りたいよー。
スポンサーサイト

[2008/10/24 19:38] 未分類 | TB(0) | CM(6)

ブランコからは落ちるよね!

そっかー。俺には妹が一人いるけど、姉二人の下の男子というところは同じですね。
なんだか生傷絶えなそうなtakeさん。やんちゃだったんですね(笑)。
遊んで転んで、絵を描いて、お母さんと一緒に買い物に行って……
その幸せを当たり前の事として感じてる、そんな時代ですね。

お姉さんたちとは結構年が離れてるんですか?
着せ替えとかされて遊ばれませんでした?
俺は姉達のオモチャになってましたよ(笑)。

続き楽しみにしています!

あ、それからリンク貼らせて頂いたので、時間がある時にでも確認お願いします!
[2008/10/25 10:04] MIND PUPPET 佐倉シノブ [ 編集 ]

生きてる着せ替え人形かー俺も、ひとりは欲しいな。あと誰かのオモチャになるのもいいな。(えー)
そうだ、さすがに着せ替えはされなかったけど、姉二人はお洒落の話をずっとしてた気がする。なんとか仲間に入りたかったけどね、全くついていけなかったな。男の兄弟いたら、なんか勝負したりゲームの話とかできたのになぁってのがあった。男の兄弟はずっと欲しかったんだけど、そこはしょうがないか。でも漫画とかたくさん読ませてもらった。少女漫画は、男向けの漫画と違って、心理描写がきめ細かくて衝撃だったけ。
父はビール飲んで、ずっと野球見てた。巨人が勝ってると機嫌が良かった。あと庭いじりが好きで、スペースは僅かだけど、結構、本格的なお庭をつくってて、それを見るのは好きだったかな。庭いじり手伝わされるのは、凄い嫌だったけど。雪囲いがすごいメンドーなんだ。子供より、庭のほうが大事って言ってた気がする庭に負けた…。

母は、よく自分が怪我するんで病院によく運んでくれてた。家族みんながマイペースなんで、家の中で話相手になってくれるのは、母親ぐらいでした。

家族に関してはこんな感じかな。ブログで話せる範囲だけど。聞いてくれてサンキューです。

よし、ゲーム以外の話もできたぞー。そしてまたゲームの話に戻る予感。
[2008/10/25 15:03] take [ 編集 ]

ひらけ!

はじめまして。
なんかすごくノスタルジック!
takeさんの絵もどこか懐かしさみたいなのを
感じます。
たった十数年前?ですが
すごく昔のような昨日のような・・・
記憶っていいですよね(?
[2008/10/25 18:37] アレン [ 編集 ]

ゴマ!

はじめまして。アレンさん。
カキコありがとうございます。

記憶って良いもの・・・もあれば、中にはそうじゃないものも・・・(笑)・・・過去の楽しい思い出はやはり財産だと思います。良い思い出があれば、人の道を外さずに踏ん張れるんじゃないかと。最近なんか凹むことあったけど、過去を振り返ることで中和された気がします。
[2008/10/26 18:40] take [ 編集 ]

takeさんはじめまして。
こっそりファンでずっと通っております。
この絵、なんだかとてもひかれます。

段々成長していって、次は幼稚園、次は小学校の話なんかどうでしょうか。絵つきで。気になります。
[2008/10/28 06:31] rys [ 編集 ]

はじめまして、rysさん。絵を見てくれてたとは嬉しいです。こういうユルい絵が好きなのですが、こんなばかりだと上達はしないのが悩みどころ。次は小学生の思い出か…ぬー。この頃は、味気ない毎日だった気がするよ。それでゲームばかりやる子供の出来上がり
[2008/10/29 08:26] take [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/506-68c4572f






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)