「バハムートラグーン」クリアしました。 

バハムートラグーンをクリアしての感想です。
↓ネタバレ含む


091010.jpg
このゲームのヒロインがとんでもない悪女だという噂の真相を確かめるために、手に取ってみたゲームでしたが、なかなか興味深い内容のゲームでした。悪女というのはニュアンスの問題で・・・実際に悪いことをしてるかというと・・・ちょっと判断が難しいところです。心変わりをしただけだし・・・しかし、当事者にとっては深刻な問題。

このゲームのヒロイン、ヨヨ王女が一度は主人公に想いを寄せながらも、途中で他の男(敵国の将軍)を選び仲良くなっちゃうのですが・・・そこがスクウェア3大悪女と呼ばれるゆえんです。しかもフラレタ主人公の、目の届くところでイチャイチャしているという残酷な・・・(笑)最後にはモトサヤに戻るのかと思いきや、失恋を受け入れるところでエンディング。(竜人の「時間は戻せない・・・前を見て生きるしかない」っていう言葉はそういう意味だよね。多分・・・)

いやいや、面白かった・・・。
悪女というよりも、悪い人間じゃないからこそ、主人公にとってもツライ展開なんでしょうね。
ヨヨ王女の台詞のひとつひとつが意味深で、面白い。

うっかり感情移入して、ヒロインに好きな子の名前をつけたプレイヤーの皆さん、お疲れ様でした。
逆に考えて、失恋を疑似体験できるゲームはバハムートラグーンだけ★

スポンサーサイト

[2009/10/10 15:59] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/648-7c1d07db






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)