FC2ブログ






逆転裁判3をクリア 

burogu68.jpg


面白かったんだけどね、突飛な展開に面食らってしまったよ。
シリーズの最初から遊んでたけど、最初は割とコミカルな推理モノだったわけで、そこが好きだったんだけどね。
どんどん、オカルト路線にまっしぐら。びっくり。

途中で、人の嘘を見破る道具(勾玉)が登場した辺りはまだ、許容範囲だったんだけどね。ゲームだし。本格推理って訳でもないし。アリかな…と。
まあ、薬で小学生になっちゃった男が探偵やったり、探偵の学園があったりする時代だからね。そういうものだと思えばいいと思ってた訳です。

でもラストの事件はなんだ! ほとんどオカルトです。
幽霊が出ちゃった!
比喩とかトリックじゃなくて、そのまんま幽霊だよ。
死んだ人間が…霊媒師の力で、蘇っちゃったんだ。
ソイツが事件の関係者だから、もうビックリ。
幽霊が証言台に立って、証言させちゃった。
ソイツを尋問しろというのか? いや、したけどね。

だったら最初から、今までの事件のゼ―ンブ霊媒師の力借りようよ!…そしたらスピード解決だったのに。弁護士も検事もいらない。

常識が見事に、逆転された裁判でした。めでたしめでたし。…っと突飛な展開に対する不満はあるものの、ゲームとしてもシナリオとしても面白いし、良作だったと思います。オカルト要素も含まれる推理モノとして、割り切れる方は是非、遊んでみるといいよ。
スポンサーサイト




[2006/07/03 07:07] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/72-23240b7b






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)