ゲームに使うかもしれない素材 

100830_20100830163911.jpg
手を描き続けるのは、本当に三日坊主で終わった。
人物とか描いてたほうが楽しいね。
スポンサーサイト

[2010/08/30 10:15] 未分類 | TB(0) | CM(5)

その素材を使ったゲームわくわく

手の練習おつですw

てか手描くのめちゃくちゃ面倒くさいですよ!
顔のパーツとかお手ては細かいから時間がかかる、、、

ちなみにtake氏は、描いてて楽しい体の部位とかありますかい?
[2010/08/30 22:54] りょっへ [ 編集 ]

手を描くのは大変ですね。だからこそちゃんと練習してかなきゃと思います。描いてて楽しいのは、顔ですね。絵を描いてる人も見る人もそうだと思いますが、顔が一番重要な箇所ゆえ、変化を付けたり表情を付けたりするのが面白いところだと思います。
[2010/09/01 18:59] take [ 編集 ]

顔ね!
でも本当に、顔だけは同じものを2回描いたつもりでも違う表情に見えますしね~。
ときに、下書きのような荒いものでもそのまま彩色してしまったりするくらい。
もしくは、線画をコピーして違う色を塗っても表情って変わる。

ちなみにtakeさんの描くキャラ?は真顔で遠くを見ているような表情が多い気がするけど、いづれ極端な喜怒哀楽な絵も見てみたいです♪

自分も挑戦してみようw
[2010/09/02 20:22] りょっへ [ 編集 ]

喜怒哀楽の絵って、変わったリクエスト…だなぁ。描けない事もなさそうだけど、それを描いて楽しいかどうかが問題だな。描くほうも鑑賞するほうも。
「喜怒哀楽」というテーマの絵か、キャラクターの心情がわかる背景もあれば、面白いと思う。
[2010/09/03 18:07] take [ 編集 ]

追伸

説明不足だったので追伸。

キャラクターに背景(物語や役割)があって、初めて喜怒哀楽が生まれるんだと思います。物語のない絵には喜怒哀楽は生まれないし、物語があれば、自然に喜怒哀楽は現われる。今までも一応、そうしてきたつもりです。その場面に適切な表情というものがあって、それは作るものではなくて滲み出てくるものだと思います。

あえて喜怒哀楽というものを描くとすれば「喜怒哀楽」というテーマで描くということになります。
[2010/09/03 19:13] take [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/789-474a77e6






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)