缶詰の残り汁で、新しい料理 

111106b.jpg
プログラムで作ってるアクションゲームのほうも忘れてはないです。

ゲーム作ってると自分なりの癖があって、残機制度や中間ポイントとかは、なんとなく用意してなかった。
ステージの長さを短くして、建て直しはすぐにできるほうが嬉しいし、ミスしたときのペナルティーも無いほうが、また遊んでもらえるかなーというのがあったのかもしれない。
ボス戦が独立したステージになっていて、ボス戦で負けても、ボス戦からスタートできるようにしたものその為だったり。アイテムも少ないというかほとんど無いのも、アイテムの物量で攻略できるゲームに対してのアンチテーゼだったり。

っと、自分なりのコダワリをつめてしまうと結局、画一的なゲームばかりになってしまいそうなので、今後は違うアプローチのゲームも作って行きたい。
今後の課題としては、色々シンプル過ぎる部分をどうにか深みを持たせていきたい。
アイテムや技もただ物量を多くするのには抵抗はあるけど、ひとつひとつの役割が光るアイテムや技を増やせていけたら、楽しいものになるんじゃないかと考えている。今考えてることは、今作ってるものには反映されないけどね。次から頑張る。

スポンサーサイト

[2011/11/06 06:47] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/952-9185c34b






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)