ビックバンって何なのさ? 

突然だけど、人類が初めて月に着陸したという、証拠写真がニセモノだったという噂があった。
その話を聞き、1度目が嘘なら、2度目や3度目も嘘の可能性があるんじゃないかと思うようになった。
つまりは、人類は1度も宇宙に行ったことが無く、行ったフリをして世界規模の大掛かりな嘘を通しているのではないかという可能性。

難しい話ではない。宇宙開発に関わる人や一部の報道メディア、選抜された宇宙飛行士が、口裏を合わせていればいいだけのことだからだ。それだけの事ができるお金は充分にあるし、実際にロケットを飛ばすよりも、コストは低い。
浮いたお金で、私腹を肥やせば良いっていうのがNASAの陰謀だったのだ!

…という妄想をして、時々遊んでます。
スポンサーサイト

[2006/09/07 01:51] 未分類 | TB(0) | CM(2)

創作宇宙

あー、そのウワサ好きだったな、懐かしい。
ハリウッドが撮影してたって話だよね?
ウソだった方が面白いと思うから、こういう考え方って好き。
takeさんの「宇宙」という考え方がそもそも全部ウソだった、って考えはさらに面白いな。
子供の頃、天体望遠鏡で初めて月を見た時、「写真が貼ってあるんじゃねーの?」と思った事を思い出したよ。

NASAが私腹を肥やすために、「宇宙」をデッチ上げたとしたら、すごい想像力だな~
科学者や新聞記者が寄り集まって、ウソの宇宙を創作してるのか。すんごい壮大なファンタジーだ!
でもできなくないよねー。オレもそのプロジェクトに参加したいなぁ(笑)。
[2006/09/09 01:36] 砂目 [ 編集 ]

宇宙って不思議過ぎて、手におえない。

宇宙の話は妄想遊びの一環だけど、なんかひとつぐらい世界規模の嘘があってもおかしくないし、そういうのが暴かれる瞬間に立ち会いたい♪ 本当に写真が張ってある天体望遠鏡もひとつぐらいは…なんて。やっぱりあり得ない話ではないんですよ。

少し前に、妄想って辞書で調べたら、根拠のない確信。って言うんだって。なるほど!って思った。でも証拠は示せないけど、もしかしたらっていう事っていっぱいあるし、それを考えていくのは楽しいです。是非、妄想にふけることをオススメします。
[2006/09/09 04:14] take [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vabu.blog37.fc2.com/tb.php/99-4b4358e8






カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)