Unity リフト的なものを作ったり 

WS000010.jpg
モーションのやり方はわかったものの、時間的に大変そうなので、いったんそっちの作業はお休み。

最近では、移動したり回転したりするリフトを作ってみた。
ここでUnityの有り難味を感じる。
物理挙動などの複雑な計算は、Unity側で勝手にやってくれるので楽チン。構想に専念できるのです。

色々調べてみると、車輪の動きをする「車輪コライダー」、蝶番に二つのオブジェクトを連結する「蝶番間接」、床の滑り具合を設定できる「摩擦コライダー」というシステムまであるようで、可能なら全部使ってやりたいという欲が出てきた。
まだまだ知らない機能があるんだけれども、それは英語が苦手ゆえの壁です。
日本語の解説サイトや書籍が増えることを祈る。
[2012/02/05 06:50] Unity | TB(0) | CM(0)

マテリアルワールド 

今日は、マテリアルだか、シェーダーだかの学習をしてみたよ。
専門的な用語をはしょって説明すると、質感表現の部分ですね。
材質の色や、陰影や、透明度を調整することで、雰囲気を変えていくことができます。

▽通常の場合
WS000004_20120105053439.jpg

▽霞みかかった感じ
WS000005.jpg

▽メタリックな感じ
WS000003_20120105053522.jpg

[2012/01/05 05:58] Unity | TB(0) | CM(0)

兵隊さんとキノコ 

111227.jpg
「Unity」にはアセットストアという、ゲーム素材が購入できるサービスがあります。
その中で無料で入手できる素材もあり、兵隊さんを頂いてきました。
そして自作のキノコと並べると・・・なんとシュールな光景に・・・。

スクリプトはまあ、とりあえずゲームとして成立するぐらいの最低限のことは理解できました。
なので今は、ビジュアル的な部分なんかをどうするかを、やっているところです。

アセットストアの素材を使ったり、自作素材を使ったり、両方を視野を入れて進めてます。
世界観は統一したほうがいいので、混ぜて使うことはないとは思う。
[2011/12/27 04:34] Unity | TB(0) | CM(0)

ほんの少しだけの進展 

111222.jpg
今日は、弾の発射と、それによって破壊されるブロックを実装しました。
剣を振ったり格闘したりするのは、アニメーションが難しそうなので避けました。

[2011/12/23 06:18] Unity | TB(0) | CM(0)

Unity スクリプトは難所です・・・ 

111221.jpg
Unityの学習中です。

3D空間の描写は、楽々に出来て素敵なツールなのですが、ゲームのシステム部分を担うスクリプト部分にてこずってます。

ネットの情報と、書籍を交互に睨めっこしながら、試行錯誤。
頭がフリーズしまくってます。
しかし、スクリプトさえ理解してしまえば、他に難所になる部分はもう少ないだろうと思います。

もうひと踏ん張り・・・かな。

とりあえず基本的な部分の、アイテムの取得、接触するとダメージを受けるオブジェ、ライフの表示まで作ることができました。


[2011/12/21 07:01] Unity | TB(0) | CM(0)

鳥人間を作って配置 

WS000155.jpg

▲粘土モデルツールSculptrisで、鳥人間を作った。
ポリゴン数は27000前後。



WS000157.jpg

▲それをUnityで配置。
ポリゴン数が大きいほど複雑な造形になり、それだけ処理も重くなるんだと思ってて、それでギリギリ大丈夫な範囲を探ってました。まだ全然余裕だった。
もしかしたら、ポリゴン数とか、そんなに気にしなくてもいいのかもしれない。


WS000156.jpg

▲ついでに、Blenderでレンダリング。
Blenderでレンダリングすると冴えた感じにできる。・・・けど、色の情報を写す方法を知らないので、白黒になっちゃう。Blenderは操作が複雑で、いつまでも覚えられない・・・。
[2011/12/18 00:52] Unity | TB(0) | CM(2)

豚さんを作って設置 

WS000152.jpg
WS000153.jpg
粘土風モデリングツールのSculptrisで豚ちゃんを作り、それをUnityで配置してみた。

足元に影が無いのは、フリー版の宿命です。
有料版だと、豪華でカッコイイ影がつくらしい。
[2011/12/16 05:51] Unity | TB(0) | CM(0)




カラメルプリンの大冒険(525円)



鹿の缶詰(525円)